MOKAニット

引き揃え&紡ぎのオリジナル糸の製造・販売。岡山・倉敷で、かぎ針編みの個人レッスン・ニットカフェ・ワークショップも開催しています。

毛足の長い糸って、編み辛いですよね?

投稿日:

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ

今日は朝からネックウォーマーキットのレッスンです。

その前にブログ更新♪

タイトルにある、毛足の長い糸って編まれたことありますか?

これについても先日ご質問を頂きました。

『引き揃えやモヘヤなど、ごちゃっともわっとして拾うべき目がわからない』

それって、

編んでみたら・・・どこが細編みの頭なのかわからない、どこに針を入れていいんだろう・・??

こういうことですよね。

私自身も編み辛いので、あんまり編まないし、引き揃え糸の素材としても基本的に仕入れていません。

ちょっと前にご縁があって、ピンクのもふもふ糸さんが私の手元に届きました。

どう使おう?(^◇^;)

と思ったんですが、こんなミニマットを編んでプレゼント企画として抽選をして、お客さまに送らせてもらいました。

これを編む時に、ピンクのもふもふに私の引き揃え糸を更に合わせて編んだんです。

紫のが引き揃えです↓

そして編んでみると・・・左が鎖編みを表から見たもの、右が裏目です。

さらに細編みを1段編んで、下側が編地を真横から見たもの、上側が真上から見たもの。

もう分かりましたか?(*´艸`*)

真上から見たものは細編みの頭が分かりますよね?

編み目が分かりづらい糸を編む時には、もう1本見やすい糸を合わせて編むと分かりやすいです。

この場合はもふもふがピンクなので、紫じゃなくてピンク色の糸を合わせれば完成したときに目立ちにくかったとは思うんですが(^◇^;)

それでも編み辛いと言う時は・・・もう手の感覚しかないと思います。

私は普通に編んでる時も、針を入れる時や引き抜く時の感覚、編み地を触った感じで、

あ!今なんか間違ったぁΣ(゚д゚lll)

ってなります(笑)

多分皆さん、

あるある!

だと思うんですが、まだ編み始めて間もない方がこの違和感に気付くのは難しいんじゃないかなと思います。

この違和感に気付くためには、やっぱりたくさん編むことが1番だと思います!

とりあえずもふもふ糸さんを編みたい時は、もう1本違う糸と合わせるのがオススメです( ´ ▽ ` )ノ

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /
\ Please Click! /

-かぎ針編みのコツetc, 引き揃え糸について, ブログ

Copyright© MOKAニット ♥ 2012-2018 All Rights Reserved.