MOKAニット

引き揃え&紡ぎのオリジナル糸の製造・販売。岡山・倉敷で、かぎ針編みの個人レッスン・ニットカフェ・ワークショップも開催しています。

引き揃え糸を編む時のコツ

投稿日:

おはようございます!

冬休みも終わり、ようやく自分の時間も取れるようになってきました(o^^o)

先日ある方とのやり取りの中で、

『 引き揃え糸って可愛いんだけど、いざ編んでみると何本もまとめて編むのは難しいです』

とお聞きしたのです。

そして、こんな素敵なこともおっしゃってました!

『 可愛いからこそ大切に使いたいと思うので、まだ使い道に悩み中です 

引き揃え糸作家としては、とっても嬉しいお言葉♡

あ、もちろん素敵な引き揃え糸作家さんがたくさんいらっしゃるので、私の引き揃えに限定した訳ではないですよ!(笑)

引き揃え糸を楽しんでもらいたい!と思ったので、私なりに使い方のコツをお話しさせてもらいました。

まず、引き揃えというのは・・・


こんな風に何本も合わせてあるから、拾い辛いのは確かですね(^◇^;)

私個人の意見ですが、棒針よりはかぎ針の方が比較的扱いやすい気がします。

1つ目のポイント

まずはかぎ針の号数です。

この画像、左から6号→7号→8号と針自体が大きくなっています。

画像にある矢印の部分を、見比べてみてください。

針の先の部分と引き揃えの隙間が、だんだんと広くなってるのが分かりますか?

1番左だと、ギリギリ引っかかってる感じなので、糸を落としやすいです。

この場合は、真ん中の7号を使うのが編みやすいと思います(o^^o)

(かぎ針についても書きたいことがあるんですが、それはまた改めて。)

引き揃えはそれぞれ微妙に太さが違うため、これは何号がオススメです、というのはなかなか説明し辛いので、これを参考に使う号数を選んで頂けたらと思います。

もう1つポイントがあるんですが、長くなったのでまた次回にさせてもらいますね。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /
\ Please Click! /

-かぎ針編みのコツetc, 引き揃え糸について, ブログ

Copyright© MOKAニット ♥ 2012-2018 All Rights Reserved.